本文へスキップ

重症心身障がい児と医療的ケア児の未就学デイ&放課後デイ 花 色

TEL&FAX.0166-73-8786

〒070-0876 北海道旭川市春光6条4丁目3−5

花色のまいにちprogram

一日の生活 気候、お子様の状況等によりかわります

営業時間: 10:00〜16:00(営業時間内での短時間利用可)


   【ある日の花色】
体験学習イメージ
10:00  体調確認(おむつチェック)
10:30  補水等
11:00  朝の会・ふれあい体操・かみしばい
       (みんなで遊びます)
11:30  絵本読み聞かせ(お昼前のおむつ交換)
12:00  お昼(お弁当・経管栄養)・休憩(お昼寝)
13:30  遊ビリテーション
       (遊びや工作をリハビリを取り入れて過ごす時間です)
14:00  学校からお兄さんお姉さん到着
15:00  おやつ 
15:40  帰りの会・帰り支度
16:00
  お送り

※放課後デイサービスは下校時間に旭川養護学校へお迎えに行きます。


色々な体験をしよう!(療育活動)

個別に療育の目標を設定して、当日のお子さまの体調をみながら
保育士・児童指導員・児童発達支援管理責任者が今日の療育内容を検討します。
「わたしもやってみたい!」を提案できるような療育活動を提供しています。
また、スヌーズレンを取り入れ
’音・色や光・香り・触りごごち・味覚’ とふれあい
リラックスできる環境をつくります。

  
【スヌーズレン】 光の心地よい刺激♪
 
【運動会】つなひき♪
  
【味覚】お料理を作ったり、少し食べてみたり
  
【日本文化に触れて】
 
【ご近所をお散歩】
  
【季節行事(すいか割り)】二刀流!
  
【室内あそび】静かな遊びも、ダイナミックな遊びも
 
【お庭で水遊び】医療機器管理の子もお外へ
 
【野菜の収穫】
 
【ブラックライトシアター】
 
【雪あそび】酸素ボンベを背負って出かけます
 
【大工さんごっこ】どんな経験も!

※花色での様子は保護者様、学校、相談支援専門員、主治医に伝え、地域みんなで子ども達の成長を見守っていきます。


遊ビリテーション

関心や興味をゆっくり観察しながら、自分から動きたくなるような遊び(療育)に
リハビリを加え、「その先の暮らしやすさ」を思い描きながら。
保育士と作業療法士で行う療育&リハビリです。

   


保育士による居宅訪問型児童発達支援 医師により外出が困難とされた児童へ

医師の判断により「外出が難しい状態(NICUを出たばかり、感染症の恐れ)とされた児童」
のところへ、経験豊富な保育士が療育支援にご自宅へ伺います。

   

「少しずつ、社会に出ていけるように
 ご本人とご家族をサポートします。」


花色の医療的ケア

急性期の医療処置とは違う、
ご自宅で保護者様が行う”医療的ケア”を花色では看護師が行います。

  栄養剤の注入(胃瘻・腸瘻)
痰の吸引
人工呼吸器の管理
導尿
・・他

※医療的ケアは
主治医、保護者様、関係機関他に
花色での医療的ケアをご連絡します。





information

重度障がい児支援花色

〒070-0876
旭川市春光6条4丁目3-5
TEL.0166-73-8786

newpage7.htmlへのリンク